美容整形で人気のボトックスの実態【注射して得られる効果】

サイトメニュー

治療を受けるにあたって

医者

準備や注意すべきこと

ボトックス治療をする目的で美容外科クリニックを初めて受診する場合、事前に予約を入れておくのが一般的です。初診前に必ずといっていいほど医療従事者とのカウンセリングがあるので、ホームページにあるカウンセリング申し込みフォームから予約を入れておくと便利です。または行きたいクリニックに直接電話をして予約を入れることもできます。また、クリニックに行く前にボトックス治療についていろいろ聞いておきたいことがあるなら、電話で直接聞いた方が早いです。クリニックに行った当日すぐにボトックス治療を受ける予定でいるならば、治療にかかる料金はいくらになるのかホームページで確認しておくことも大事です。ボトックス治療は基本的に保険適用外で、その料金はクリニックによって、または治療をする部位によっても異なります。カウンセリングだけ受ける場合はカウンセリング料が必要ですが、治療をする以外の利用ならば無料の美容外科クリニックもあります。受け付けを済ませると問診票やカウンセリングシートなどを渡されるので、必要事項を細かく記入しておく必要があります。過去の手術歴や治療中の病気があるか、妊娠しているかどうかなどが聞かれるので、あらかじめ答えられる範囲の回答を考えておくのがお勧めです。後悔しないようにボトックス治療を受けるためには、医療従事者から事前に様々な注意事項の説明を受け、すべてに同意する必要があります。ボトックス治療においてよくあるのは、こうなるとは知らなかった、あまり聞いていなかったというような後悔です。どんな治療にも共通して言えることでもありますが、事前にわからないことがあったら遠慮しないでどんどん聞いて自分の中で納得しておくことは、そのままリスクを回避することに繋がります。ボトックス治療は麻酔なし切開なしでたった5分もあれば終わる治療ですが、受けたあとは安静にして過ごすに越したことはないです。特に治療をした部分は腫れやすくなっているので、できる限り触らないように気をつけて過ごすことが大切です。内出血が出来たり赤く腫れたりした場合でも、無闇にいじったりしなければ治療から2日や3日で自然に元に戻るのが一般的です。マッサージやクレンジングなどで強く押したり、半身浴やサウナなど血行がよくなる行為をしたりすると元に戻るまで時間がかかるので注意が必要です。ボトックス治療の効果が持続する期間は成分にもよりますが、だいたい短いと半年長いと2年ほどです。効果がなくなりそうになったら再度治療を受ければ長持ちします。

Copyright© 2019 美容整形で人気のボトックスの実態【注射して得られる効果】 All Rights Reserved.